リール

エギングリールの選び方とおすすめのコスパモデル3選

エギングリール

エギングは投げては巻いての繰り返しなので、小型スピニングリールをチョイスします。

では、エギングに使うスピニングリールは、具体的にはどんなものを選べばよいのでしょうか?

本記事では、エギングに最適なリールの

  • 大きさ
  • ハンドルタイプ
  • ギア比

など、エギングリールの選び方と、その条件に合うコスパの良いおすすめモデルをご紹介します。

エギング用リールに最適な大きさ(番手)

エギングリールとしては、シマノなら2500番もしくはC3000番台、ダイワならLTコンセプトの2500番台がベストマッチ。

※ダイワ・シマノのリールは、型番の数字4ケタのうち、千の位と百の位がリールのサイズを表していて、数字が大きくなるほどリールが大きくなります。

※ダイワの「LTコンセプト」とは、従来型のものよりも小型・軽量化設計されたモデルのこと。

またPEの0.8号を150m巻ければラインキャパシティとして十分なので、トラブルの少ないシャロー(浅溝)スプール搭載モデルがよりおすすめですよ。

 

エギング用リールに最適なハンドル

スピニングリールのモデルによっては、持ち手(つかむところ)が1つのシングルハンドルと持ち手が2つのダブルハンドルがあります。

いろいろな釣りに使えるのはシングルハンドルですが、エギングでは、(多少重量が増えるが)巻きが安定するダブルハンドルを好んで使う人が多いです。

tomo
シングル・ダブルはそれぞれメリット・デメリットがあるため、最初は好みで選んでも大丈夫。

 

エギング用リールに最適なギア比

エギング専用で考えるなら、ハイギアのリールを選ぶことをおすすめします。

ハイギアであれば糸フケを早く回収でき、より手返しよくポイントを探れるからです。

リールの型番の末尾のほうに「H」とか「XH」と記載があるリールがハイギアモデルの目印。
※例:ダイワ レブロスLT2500S-H

ただ、ハイギアにはデメリットもあり、ノーマルギアに比べ初動が遅く、巻き感が少し重いのです。

しかし最近のリールは以前に比べ数段進化しており、ハイギアであってもかなり軽い巻き心地になってきています。

初心者であればさほど差は感じないので、エギングをメインに考えているなら迷わずハイギアを選びましょう。

 

エギング用リールに求める機能

エギング用リールに求められる大事な機能は2つあって

  • 一日中シャクっても疲れない程度の軽さであること。
  • 掛けたイカの身が切れてバレることがないよう、ドラグがきちんと効くこと。

の2点です。

これらの性能はリールの価格にだいたい比例していますので、最近の1万円前後のリールであれば、エギングに求められる性能はクリアしているので、そのあたりの価格帯を目安にチョイスすれば間違いありません。

tomo
重い竿×重いリールで1日中シャクってると、腕がパンパンになるよね!

 

エギング用リールのコスパモデルおすすめ3選

価格はなるべく抑えつつ、エギング用リールとして求められる軽さやドラグ性能を持っている、おすすめのコスパモデルをご紹介します。

シマノ【21ナスキー】

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥9,000 (2022/11/30 19:28:04時点 Amazon調べ-詳細)

シマノから発売されている、驚きの使い心地を誇るハイコストパフォーマンスリール。

実売価格は10,000円ちょっとですが、これまで中級~上級クラスのリールにしか搭載されなかった技術が惜しみなく採用されているのです。

巻き心地や耐久性、ドラグ性能の全てが高い能力を誇るおすすめリールだ。

ダイワ【19エメラルダス LT】

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥12,500 (2022/11/30 19:28:05時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワのエギングシリーズ【エメラルダス】のエントリーモデルがこちら。

お手頃価格ながらも、LTコンセプト、マグシールド、オートマチックドラグシステム、エアローターなど、エギングに必要な機能が揃っており、扱いやすいエギングリールに仕上がっています。

ダイワ【20レブロス LT】

created by Rinker
¥6,853 (2022/11/29 21:53:22時点 楽天市場調べ-詳細)

2020年にリニューアルしたレブロスはLTコンセプトを採用し、大幅な軽量化が図られました(250g→220g)。

その他にも、オートマチックドラグシステム、エアローターなどの機能が備わっているので、予算を抑えたい人にはこちらがおすすめ。

 

エギング用リール まとめ

エギングリールを選ぶポイント


【必須】

  • 2500番の大きさ
  • 軽い(250g以下)
  • 高性能ドラグ

【できれば】

  • シャロー(浅溝)スプール
  • ダブルハンドル
  • ハイギア

リールは価格に比例して性能も上がるため、予算内でできるだけ良いものを選ぶと良いと思います。

もし迷ったら、上記のポイントを参考に、できるだけ軽く、カッコいいデザインのものを選ぶのがおすすめですよ!

 

関連記事はこちら

-リール

© 2022 ENJOY!fishing life