初心者が海釣りを楽しむための情報メディア

エンジョイ!釣りlife

釣り方・知識

船酔いは前日と当日の対策で乗り切れる!絶対おすすめの薬もご紹介!

更新日:

釣り船はそれほど大きくないので結構波にあおられユラユラ~。

ですので、船酔いを心配する人も多いですよね。

「自分は船酔いしやすい」と分かっている人はもちろん、釣り船に乗ったことないから酔うかどうかわからないという人も、念のため船酔い対策はしておきましょう。

薬を飲んだり、しっかり対策すれば、船に弱い方でも楽しく船釣りができますよ。

船酔いする原因は?

船酔いを予防するために、まずは船酔いする原因について知っておきましょう。

船酔いしてしまう原因は主に3つあります。

 

原因1:平衡感覚が狂うから(最大の原因)

体の平衡感覚は耳の奥にある三半規管で調整されていて、人間は、目で見た情報を頼りに体がどう揺れるかを予測して、転ばないようにバランスをとっています。

船やバスなどに乗ると、自分で予測出来ない揺れが続いたり、目から入る情報が普段と違うスピードで動いたりします。

すると、三半規管で感じている平衡感覚と、実際の体の動きがずれて、脳の中で空間認識が乱れてしまうのです。

それがストレスとなり、初めは頭痛や唾液がでてきて、さらにひどくなると自律神経が乱れて、吐き気や目眩などを引き起こすようになります。

車の運転手は酔わなくても助手席だと酔いやすいのと一緒です。

原因2:変なニオイを嗅いでしまう

船酔いしそうな状況で、嫌なニオイをかぐことで気分が悪くなることもあります。

普段だったら我慢できる、ガソリン、排気ガス、釣り餌のニオイでも、体調がすぐれない時に嗅ぐと、ニオイだけで気持ち悪くなってしまいます。

原因3:心理的な要因や疲労

「酔うかもしれない」という思い込みや、酔っている人、吐いている人を見た時に、具合が悪くなってしまうことも。

さらに、寝不足や疲労、風邪などの体調不良の状態で船に乗ると酔いやすくなります。

スポンサーリンク

船酔いは対策すれば乗り切れる!

船酔いは、小中学生くらいが一番酔いやすく、大人になるにつれて、体が順応して大丈夫になってくるそうです。

私も、小学生の時まではほぼ揺れていない釣り船でも酔っていましたが、今は体調を整えておけば多少揺れていても大丈夫になりました。

なので「対策すれば大丈夫!」と思って、リラックスして行きましょう。

 

【乗船前日】の船酔い対策

  • 前日は激しい運動などは避けて、釣り当日に疲れを残さない。
  • 波が穏やかになる日を選んで乗船する。天気予報の「海上の波の高さ」1m以下ならまず大丈夫。
    海域によりますが、波予報が1.5m~2m以上なら念のため船宿に電話して、船が大きく揺れないか確認し、場合によってはキャンセルする勇気を。
  • 前日の夜食は消化の悪いもの、脂っこいものなどは避ける。お酒もほどほどに。
  • しっかりと睡眠をとる(これ重要)。

 

【乗船日の朝】の船酔い対策

  • 乗船当日の、直前の食事は、空腹も良くないですが、満腹もダメ。消化の良いものを腹六分目。
  • 服装はゆったりめにして、ベルトや下着でお腹を締め付けないものを選ぶ。
  • 酔い止め薬を飲んで、物理的にも精神的にも船酔い予防をする。乗船直前1時間~30分前くらいに飲む。
  • 船に持ち込む食べ物は、おにぎりやパンなど、つまみやすく、消化の良いものを選ぶ。
  • 船に持ち込む飲み物は、水か麦茶のペットボトルが無難。柑橘系のジュースは飲むと酔いやすいと言われているので避ける。

 

【乗船中】の船酔い対策

  • 船の真ん中か、真ん中少し後方あたりの釣り座を選ぶ。(一番揺れが小さいので)
  • 船の後方は排気ガスが回ってくることがあるので、後方の釣り座は選ばない。
  • 「今日は天気も良いから酔わない!」と自己暗示をかける。あまり深刻にならず、リラックスして楽しく。
  • お酒は飲まない。アルコールのニオイのする人にも近づかない。
  • 空腹、満腹を避ける。おにぎりやパンなどを少しずつこまめに食べるのがポイント。
  • 手元ばかり見ないで遠くを見るようにする(仕掛けが絡まったときや、エサ付け時は心配であれば他の人にやってもらう)

 

ああ無情!それでも船酔いしたら・・・

よほど波が高くなければ、上記の対策をしていれば、90%以上の方は大丈夫だと思います。

でも、それでも船酔いしてしまったらどうしましょう?

「今すぐ降ろしてくれー!」ってできませんから(汗)。

苦肉の対策で船酔いと戦いましょう。

ダメだと思ったら無理にでも吐いてしまう

船酔いの症状が出始めると、自分で「もう回復することないだろうな~」というのは分かると思います。

そうなったらヘタに我慢しないで、船尾の排気ガスのニオイをかぐなどしてサッサと海に向かって吐いてしまいましょう。
出来れば中途半端に止めないで、全部出してしまいます。

トイレで吐くのは詰まりの原因になるので、船頭さんに確認してからにしてください。

周りの視線は気にしないでください。みんな「大丈夫か~?」という気持ちで温かく見守ってくれていますから。

吐き終わったら水などで口をゆすいで、その後、水分補給をして終わり。

これが最強です。私も船酔いしたらコレをやります。

追加で酔い止めを飲む

酔い止め薬は、症状が出てからでも多少効きます。

吐いた後が良いですが、吐くつもりがないなら吐く前でも良いです。

気分が悪くなったら追加で飲みましょう。
(酔い止め薬は医薬品ですので、追加服用する場合は4時間以上の間隔をあけてください。)

船室や船外の広い所で横になる

船酔いすると、釣りどころではなくなっている可能性があります。

そういう場合は、目をつぶって時が過ぎるのを待ちます。

座っているより、横になっていたほうが幾分楽だと思います。

私の場合は船室で横になっていても大丈夫なのですが、人によっては、外の景色が見えたほうがいいとか、船室のこもったニオイがダメな場合もあるので、気分の良い場所を探して、体を暖かくして寝てしまいましょう。

 

おすすめの船酔い予防薬と飲み方

おすすめの船酔い止め薬はアネロン「ニスキャップ」
これ一択と言ってもいいくらいです。

乗船直前の1時間~30分前に1カプセル飲むだけ。
特に吐き気を抑える効果があります。

船に弱い私の友人が「これさえ飲めばオレ酔わないから、船釣り全然OK!」と言うほど。

 

子供には成分が強すぎますので、お子さんと一緒に行かれる場合は、7~14才の方が服用できるアネロン「キャップ」を飲ませましょう。

こちらも飲み方は一緒で、乗船30分前までに1カプセル飲むだけです。

 

最近では飲みやすい液体タイプも増えてきました。
錠剤タイプのニスキャップよりも酔い止め成分が少ないですが、錠剤が飲めないお子さんにはこちらのほうがいいですね。

船酔いの原因と対策 まとめ

船酔いって本当につらくて、せっかくのレジャーが台無しになってしまいます。

船酔いが心配な人は、できる対策はしっかりとしておきましょう。

個人的な経験から言えば、

・前日しっかり寝て、当日の体調を整えておく。
・朝ごはんは消化の良いものを食べる。
・酔い止め薬を飲む。
・波の高い日は中止にする。

このことが特に重要じゃないかと思います。

 

スポンサーリンク

-釣り方・知識

Copyright© エンジョイ!釣りlife , 2019 All Rights Reserved.