釣り方・知識

服についたイカスミの落とし方~大事なウェアをスミから守ろう!

イカスミの落とし方

エギングの際、釣り上げたイカにスミを噴射されたり、捌く際に墨袋を潰してしまったりして、大事な服が黒く汚れたことはありませんか?

一度イカスミが付くと取れないと思っている人も多いかもしれませんが、適切な処置をすればかなりキレイにスミを落とすことが可能です。

今回は、そんな厄介なイカスミをキレイに落とすための対策と落とし方について解説していきます。

イカスミ対策

乾燥させない

イカスミが衣類に付着した際に最も注意しなければならないのが、スミが付着した部分を乾燥させないということ。

イカスミに含まれるタンパク質が、時間の経過とともに固まって定着していくので、一度乾燥させてしまうと、あとでスミを取り除くのが困難になってしまいます。

海水で洗う

スミが付いたら真水ではなく海水ですぐに洗いましょう。
イカスミは、真水よりも海水に溶けやすいためです。

イカスミで汚れたエギを投げ続けているうちにスミの色が薄れていたという経験をした人も多いのではないでしょうか?

付いたらなるべく早く洗うのがポイントです。

現場で少しでもシミを薄くしておいたほうが、家に帰って本格的に洗うのが格段に楽になります。

アルカリ洗剤と酸素系漂白剤を配合して洗う

イカスミの黒い色素の元「メラニン」は水には溶けませんが、アルカリ性洗剤なら溶けだして洗い落すことができます。

タライの水の中にアルカリ洗剤と酸素系漂白剤を適量入れて洗濯液を作ったら、その中でイカスミ汚れをつまみ洗いして、ある程度まで落とします。

その後、洗濯機でいつも通り洗濯すればOK。

固形石鹸で洗う

正直、これが一番スタンダードでよく汚れが落ちます。

汚れた箇所に固形石鹸を刷り込み、布同士でこすり合わせる、もしくは歯ブラシでこすると、驚くほど汚れが落ちます。

固形石鹸ならなんでもOKなんですが、なかでも強力なのが「ブルーキーネット」

created by Rinker
ブルーキー
¥680 (2022/11/30 12:55:25時点 Amazon調べ-詳細)

イカスミ以外にも、スポーツのドロ汚れ、襟袖のシミ、汗、油、サビ、ボールペン、おむつ、醤油、ソース、ケチャップ、ジュース、コーヒー、口紅、血液などにも使えるので、一家に1つ常備しておいても良いですよね。

クリーニングに出す

どうしても落ちない場合は、クリーニングに出してみましょう。

しかし、クリーニングでもイカスミは落とすのが困難なので、ダメ元で出してみるという覚悟で。

 

イカスミの落とし方 まとめ

服についたイカスミは早ければ早いほど落とすのが楽になります。

イカをタモですくい、しばらく海面で十分スミを吐かせてから陸へ上げれば、イカスミリスクが減ります。

いちばんいいのは、イカスミで汚れても構わない服装でエギングすることですよね。

 

関連記事はこちら

-釣り方・知識

© 2022 ENJOY!fishing life