船釣り

船釣りの料金とその他にかかる費用の相場はどれくらい?

船釣りの料金

最近は初心者歓迎の釣り船も増えてきたので、初めての船釣りだって大丈夫!

極端な話、魚持ち帰り用のクーラーボックス1つあればOKです。

でも、船釣りって料金はどれくらいかかるのでしょうか?

およそで見積もると、乗船料金以外にかかる費用も含めて、13,000円くらい(交通費除く)が相場になります。

今回は

一般的な船釣りの料金と、その他にかかる費用

をご説明します。

この記事で、船釣りの費用感をつかんでください。

スポンサーリンク

釣り船の乗船料金はどれくらい?

釣り船の予約形式には、貸切りチャーターの「仕立て」と、路線バスみたいな「乗合い」がありますが、多くの人は「乗合い」を利用すると思うので、今回は「乗合い船」の一般的な相場を見てみましょう。

関連記事
船釣りの乗合い、チャーター、団体
釣り船予約の種類は乗合・仕立て・体験型がある!最適なスタイルを選ぼう

最近は初心者歓迎の釣り船も増えてきたので、初めての船釣りだって意外と大丈夫! 釣り船を予約するなら、船の予約形式の違いがあることを知っておきましょう。 乗合い船(のりあいせん) 仕立て船(チャーター船 ...

続きを見る

朝出港して夕方に帰港する一般的な乗合い船では、1人当たり8,000円~10,000円が相場です。

ただし、女性や子供の場合は割引している船宿が多く、5,000円~7,000円程度で乗船できます。

tomo
いいな~。男女差別だよね・・・

また、「半日船」というのがあって、「午前便」「午後便」のような、釣る時間が半分の乗合い船だと料金も割安で、6,000円前後で乗れます。

手軽にトライしてみたいとか、費用を抑えたいという人は半日船を選択するのもアリですよ。

乗船料金以外に必要な費用

船釣りの費用の大半は乗船料金ですが、ほかにもこまごまとお金がかかりますので、そこもチェックしておきましょう。

レンタル釣り道具代

自前の釣り竿・リールがない人は、船宿でレンタルします。
竿とリールのセットで1,000円が相場です。
電動リールだと高くなることが多いですが、それでも2,000円ほどです。

まあ、いきなり買って揃えるよりは遥かに安く済みますし、最近のレンタル釣具は結構しっかりしているのでリーズナブルだと思いますよ。

予備仕掛け、エサ代

仕掛けは、最初の1セット分は無料でくれるところもありますが、2つ目以降は絶対に有料です。

仕掛けは思った以上に消耗するので、3つ、4つ使うことも普通です。

仕掛け1つ200円~500円くらいですが、500円を4つ使うとすると2,000円は覚悟しておく必要があります。

エサ代については通常、乗船料金に含まれているので心配いりません。

(生き餌などの特殊なエサを使用する場合は有料になることもあります。)

食費

昼食代ですね。

釣り船では食事は出ませんし、昼食時間を特別に設けることもありません。

コンビニ等で事前に購入して各自持参し、自分のタイミングでササっと済ませる人が多いです。

昼食代として多めに見て1,000円くらいですかね。

まあ、昼食代や飲み物代はどんなレジャーをするにしても必ずかかるものですからね。

船釣り1回の費用総額は?

船釣りの料金相場
はい、では今まで紹介してきた費用を全部足すといくらになるでしょう?

乗船料金9,000円
レンタル釣具代1,000円
仕掛け代2,000円
昼食代1,000円
合計13,000円

※東京湾・相模湾の一般的な乗合船の例ですが、全国どこでもだいたいこんなイメージだと思います。

今回計算に含めていない費用

本当は費用が掛かるけど人によって差があるので、今回の計算には含めなかったのが「クーラーボックス代」「交通費」です。

釣った魚を持ち帰るのにクーラーボックスは必須ですが、既に持っている人や、発泡スチロールの箱で代用する人もいるかもしれませんね。

あと、交通費はかならずかかりますが、ケースバイケースなので除外しました。
この2つがかかる人は計算に入れてくださいね。

船釣りの料金と1回の費用総額 まとめ

船釣りの料金・相場・費用
船釣りって意外とかかるな~と思った人もいるかもしれませんね。

お金の計算だけなら、釣るよりも魚屋で買ってきたほうが安いのはしかたのないこと。

船釣りには、魚のダイレクトな引きを味わえたり、大海原で非日常的な時間を過ごせたり、釣りたての新鮮な魚を食べられるなどの楽しさがあります。

なんといっても、陸からの釣りと違って、「ほぼ確実に釣れる」というのが一番の魅力かもしれません。

「釣れないのもまた釣りである」という境地に至っている人は良いですが、せっかくの貴重な休日を使って出かけるんだから、やっぱり釣りたいですよね。

まずは一度、船に乗ってみてください!

 

関連記事
【初心者・お一人様OK】初めての船釣りの始め方ガイド

海の船釣りは気分爽快ですし、美味しい魚がたくさん釣れるからやってみたいという方も多いのではないでしょうか? でも、釣りに詳しくないし、まして船釣りなんて、どんな感じになるのか想像もつきません。 そこで ...

続きを見る

スポンサーリンク

編集長オススメ

リールのライン糸巻き方法 1

スピニングリールを買ったら糸巻きをしないといけません。 巻く糸の選び方、スプールへの最初の結び方から巻く方法まで画像付きで詳しく解説します。 すでにラインが巻いてあるスピニングリールの場合のライン交換 ...

釣り初心者の釣り道具一式 2

釣り初心者を悩ませるのが釣り道具選び。 竿、リール、糸、仕掛けが必要なことくらい分かりますけど、竿なら竿で、「何百本もある竿の種類からどれを選べばいいのか?」見当もつきませんよね。 釣具を買おうと思っ ...

3

釣り糸には〇号と糸の太さが表示されていますが、どの釣りでどの太さが適切なのか?は書いてません。 また、糸の材質にも何種類かあるので、そこも間違えないようにしないといけませんね。 初心者のための糸の種類 ...

針外しで魚を外す 4

魚が釣れたら必ず「針を外す」作業があります。 口元(針が見えるところ)に掛っているなら手で簡単に外せますが、時には針ごと飲み込まれてノドの奥のほうに針が刺さっていることも。 tomoキス・カレイとか、 ...

5

堤防のサビキ釣り、ちょい投げから、ブラックバスルアー釣りなど、1台で幅広く使えるのがスピニングリール。 でも、これから釣りを始める初心者の方がスピニングリールを買おうと思っても、販売されている種類が多 ...

釣り糸の結び方 6

釣りをするなら1回目から必ず必要になる「釣り糸の結び方」。 サビキ釣りでも仕掛けに付属しているサルカンとリールの道糸を結ばないといけません。 とりあえず固結びを2重にすれば何とかなりますが、でも、強度 ...

-船釣り

Copyright© ENJOY!fishing life , 2020 All Rights Reserved.