船釣り

船釣りの靴選びは長靴一択!夏はマリンシューズやクロックスでも可

船釣りの靴は長靴で

船釣りに履いていく靴を選ぶ際は

・船の床は濡れているので、滑りやすいし靴も濡れる
・魚やエサ、海水などで靴が汚れる

ということを大前提に考えましょう。

そうなると、基本的には船釣りの靴は長靴がおすすめ!

でも夏場だけは長靴では蒸れて暑いので、マリンシューズが安全かつ快適でイチオシです。

ひと口に長靴といっても靴底の形状によっては船釣りNGのものもあるので、船釣りにはどんな長靴が良いのか?をよく見てみましょう。

スポンサーリンク

船釣りの靴は長靴なら基本的に何でもOK!

船の床は海水で濡れていたり、釣り上げた魚のヌルヌルやエサ(特にコマセ)がこぼれて汚れたりするので、何かと足元は濡れたり汚れたりするものです。

したがって、汚れや水に強い長靴が最適というわけですが、別に釣り専用の長靴でなくても大丈夫です。

ダイワやシマノなどの釣り具メーカーから発売されているもののほうが滑りにくい感じはしますが、ごく一般的なガーデン用でも洗車用でも十分役立ちますよ。

靴底(ソール)の形状による違い

長靴の靴底をよく見ると、何種類かの形状の違いがあります。

一般的な用途の長靴にも多く採用されているのが【ラジアルソール】です。
ラジアルソールの長靴
こんな感じで、全面ゴムでできていてデコボコした感じのやつで、これなら船の上でも普通に滑りにくいのでOKです。

もう一つは【デッキソール】です。
全面ゴムで、デコボコしていないけど、ゴム質が柔らかめで細かい溝が入っているタイプで、デッキシューズのソールと一緒です。

元々こちらは船の甲板でも滑りにくいように開発された形状なので、船の上ではラジアルソールよりもさらに滑りにくくなっています。

新たに長靴を買うなら、このようなショート丈はしゃがみやすくて若干軽量なのでおすすめ。
船釣りにも使いやすいラジアル×デッキソールになったショートタイプ↓

ワークマンで売っている船釣りに使える靴がこちら

今話題のワークマンにも、コスパの良い長靴がたくさんありますね。

【6525 PVC防水シューズ】は、1,500円ながら防水性は完璧。
なんといっても、家から履いていける見た目のカジュアルさがいいです。

>>ワークマンオンラインストア

船釣りに唯一NGの長靴がスパイクブーツ

釣具店でないと売ってませんが、靴底に金属鋲が打ってある【スパイクソール】だけは船釣りにはNGですので気を付けて下さい。

ほぼ全ての船でスパイクブーツ使用禁止です。
理由は、船の床材(強化プラスチック)を傷つけてしまうためと、スパイクブーツだとメチャメチャ滑るため危険だからです。

冬場の船釣りは防寒ブーツがおすすめ

もし冬に船釣りに行くのなら、普通の長靴では足が冷えてしまうかもしれません。

寒がりの人は、厚手の靴下を重ね履きするか、あったか素材が入っている防寒ブーツで挑んでくださいね。

 

夏の船釣りにおすすめの靴は?

でも、夏場だと長靴は蒸れてツライものがありますよね。

ただでさえ暑さで参るのに、その上足元が蒸れていたら、釣りに集中できないって話です。

ですので、夏は無理に長靴を履かなくてもOK。

マリンシューズのような、浸水するけどすぐ乾く、かつ、カカトをホールドしてくれる脱げにくい物を履くといいですよ。

夏の船釣りで履く靴に求められる条件

  • 通気性がある(蒸れ対策)
  • 濡れてもOK、かつ、すぐ乾く素材(快適性)
  • カカトをホールドするタイプ(安全性)
  • 甲を覆っているタイプ(安全性)
  • もちろん、滑りにくい靴底形状(安全性)

ベテランになるとビーチサンダル的な履物の人も見かけますが、個人的には安全性の観点から、船の揺れなどでちょっと滑ったときにも脱げにくい、カカトをホールドするタイプで、さらに、釣り針や荷物などが足の甲に落ちた時にケガしないように甲の部分を覆っているタイプを使っています。

夏の船釣りにはマリンシューズタイプがいちばん!

このような、メッシュ生地でカカトをしっかりホールドする形状のマリンシューズが夏場にはいちばん!
靴底はゴムですから滑りにくさも兼ね備えています。

足首回りが比較的キッチリ締まるので、砂やゴミ等が靴の中に入り込みにくいのもグッドポイントです。

靴底の厚みですが、素足感覚の薄いものより、スニーカーっぽい厚みのあるほうが長時間履いている場合は疲れにくいと思います。

メッシュ系のスニーカーも蒸れないし滑りにくいので良いのですが、いったん海水で濡れると乾きが悪いので、それを覚悟のうえであればOK。

夏の船釣りにクロックスでも可

マリンシューズよりもフィット感は劣りますが、クロックスでも良いと思います。

バックストラップをカカトにかけて履けば安定感も増しますよね。

船釣りの靴選び まとめ

船釣り用の長靴
釣り船には、足元に常に海水を流すホースがついているので、靴は確実に濡れます。

足元に海水を流さない船もありますが、それでも航行中の波しぶきや、釣れた魚の処理などで足元は濡れてしまうもの。

そして、床面が濡れていると滑りやすくなるので、滑りにくい靴を選ぶことが大事です。

  • 滑りにくい靴底
  • カカトをホールドする脱げにくさ(ビーチサンダル的じゃないもの)
  • 足の甲を覆って安全性確保

最低でもこの条件だけは備えた靴を履いていればOKです。

ラジアル靴底の長靴を一つ持っておけば、船釣りだけでなく、防波堤や川などほかの釣りはもちろん、日常生活でも洗車やガーデニングなどにも使えるので重宝しますよね。
 
※長靴以外の船釣りの服装についてはこちらで確認。

スポンサーリンク

編集長オススメ

リールのライン糸巻き方法 1

スピニングリールを買ったら糸巻きをしないといけません。 巻く糸の選び方、スプールへの最初の結び方から巻く方法まで画像付きで詳しく解説します。 すでにラインが巻いてあるスピニングリールの場合のライン交換 ...

釣り初心者の釣り道具一式 2

釣り初心者を悩ませるのが釣り道具選び。 竿、リール、糸、仕掛けが必要なことくらい分かりますけど、竿なら竿で、「何百本もある竿の種類からどれを選べばいいのか?」見当もつきませんよね。 釣具を買おうと思っ ...

3

釣り糸には〇号と糸の太さが表示されていますが、どの釣りでどの太さが適切なのか?は書いてません。 また、糸の材質にも何種類かあるので、そこも間違えないようにしないといけませんね。 初心者のための糸の種類 ...

針外しで魚を外す 4

魚が釣れたら必ず「針を外す」作業があります。 口元(針が見えるところ)に掛っているなら手で簡単に外せますが、時には針ごと飲み込まれてノドの奥のほうに針が刺さっていることも。 tomoキス・カレイとか、 ...

5

堤防のサビキ釣り、ちょい投げから、ブラックバスルアー釣りなど、1台で幅広く使えるのがスピニングリール。 でも、これから釣りを始める初心者の方がスピニングリールを買おうと思っても、販売されている種類が多 ...

釣り糸の結び方 6

釣りをするなら1回目から必ず必要になる「釣り糸の結び方」。 サビキ釣りでも仕掛けに付属しているサルカンとリールの道糸を結ばないといけません。 とりあえず固結びを2重にすれば何とかなりますが、でも、強度 ...

-船釣り

Copyright© ENJOY!fishing life , 2020 All Rights Reserved.